I don't think so !

じゃあ、お前はどう考えるのだ!

海王丸と富山湾の曇り空

安倍総理の米国訪問(4月17日~20日)―どのような「ほほ笑み」でトランプ大統領に会うのか、どのようなお土産を持参するのか

俳優でもない安倍総理に負わされた新しい「ほほ笑み」

ホワイトハウスのカメラの前でトランプ大統領は「安倍晋三首相と話をすると、ほほ笑んでいる。『こんなに長い間、米国を出し抜くことができたとは信じられない』という笑みだ」と述べた(3月22日)。ツイッターならまだ救いもあろうが、これじゃ身もふたもない。さすがの私も安倍総理に対して同情を覚えてしてしまう。おっと危ない、危ない、「安倍総理は即刻退陣せよ」だった。

あれだけほほ笑みまくって米国に出かけたり日本にトランプ大統領を迎えたりしてきた結果が、この発言である。さて安倍総理は今回どんな「ほほ笑み」でトランプ大統領に会うのだろうか。

f:id:nakama1564:20180406164419p:plain

私は安倍総理に会ったこともないが、テレビで見る限り不器用な人のように思える。ゴルフのスイングにせよ国会答弁にせよ、不遜だという声も多いが、私には不器用なようにしか見えない。ただ、不器用なのに本人は器用だと思っているから始末が悪い。まるで運動神経の鈍い暴走族が運転する車のようだ。

恐らくマスコミは、怒アップで安倍総理の「ほほ笑み」を撮るだろう。乞うご期待。

トランプ大統領が仕掛けた貿易戦争、中国は猛然と反撃、さて安倍総理は?

トランプ大統領安倍総理に対する発言を気にする必要はなく、それがトランプ大統領だ、という意見も多い。

しかし私はとても気になる。トランプ大統領が喜ぶような望外のお土産を持参するのではないだろうかと。オスプレイやミサイルの大量の追加発注などだ。週刊誌では3兆円とも報じられている。ここはしっかりと見定める必要がある。

一方、中国は猛然と反撃し、大豆などを対象にした制裁をちらつかせている。するとトランプ大統領は次のような反応をツイッターで示した。
「中国と貿易戦争をしているのではない。その戦争は何年も前にアメリカを代表していた馬鹿で無能な者たちのおかげで負けている。現在年間5000億ドル(約53兆円)の貿易赤字があり、3000億ドル(約32兆円)の知的財産が盗まれている。このようなことをこのまま続けさせるわけにはいかない!」(2018.5.4)。

明らかに中国の反撃が利いている様子だ。それにしてもトランプ大統領安倍総理も良く似ているのだが、前任者を非難するのはあまりにも格好悪いので、そろそろやめてはどうだろうか。自信のなさがミエミエなのだ。いま、あなた方がナンバーワンなのだ。

さて安倍総理トランプ大統領に対して、毅然と対応するのか、それとも大量のお土産を持参するのだろうか。